エンジニアは正社員、非正規どちらが良い?

正社員に戻ることもできる!複数の転職エージェントで正社員にチャレンジ

転職エージェントは複数に登録 非正規から正社員へ戻ることも可!

転職エージェントは複数に登録

転職エージェントを複数利用することはアリかナシか

非正規から正社員へと戻るために転職エージェントを利用するなら、複数のエージェントを併用することをおすすめします。エージェントはどこも同じようなサービスを提供しているかのように見えますが、それぞれ別の特徴を持っている場合もあるので、たまたま選んだ転職エージェントが自分にぴったり合っているとは限りません。合うか合わないかは利用してみないとわからないので、まずは複数のエージェントに登録してみましょう。

複数のエージェントを利用するメリットとは

エージェントを掛け持ちすると、その数のキャリアコンサルタントと話をすることができます。ヒアリングを担当するキャリアコンサルタントにもそれぞれ個性があるので、複数のコンサルタントを比較してみることで、違いがよく見えるようになるはずです。コンサルタントはできるだけ優秀な人が望ましいのはもちろんですが、話してみて相性が良いかどうかをチェックしておくことも大切です。エージェントの規模は大手から中小まで様々ですが、どのエージェントもそこにしかない求人を持っているものなので、単純に規模の大小だけでエージェントを決めるのではなく、タイプの違うエージェントを組み合わせてみることをおすすめします。いずれにしても、せっかくエージェントを利用するなら、最初の1社で決めてしまうのはとてももったいないことです。

エージェントの複数利用で注意すること

複数のエージェントに相談したとしても、最終的にはどこか1社に決めなければなりません。どのコンサルタントも親身になって相談に乗ってくれるはずなので、複数のエージェントを利用しているということを言い出しにくく感じるかもしれませんが、エージェントにしてみれば複数利用はごく当たり前のことなので、遠慮する必要は全くありません。
ただし、どのエージェントにも複数利用のことは必ず最初に知らせておきましょう。言いにくいからとそのまま隠して話を進めてしまうと、同じ求人を勧められたり、スケジュール調整がうまくいかなかったりするので、どこかでほころびが出て混乱してしまうでしょう。コンサルタントとの意思疎通ができていないまま話を進めても、どの話も中途半端になってしまうので誰も得をしません。希望の求人に複数のエージェントから一度に応募すれば採用の確率が高くなると考える人もいますが、そのようなことは全くありませんし、逆に応募先に与える印象を悪くしてしまうだけなので絶対に避けましょう。エージェントと上手に付き合うのも転職成功の大切なポイントです。話すべきことは正直に話して、最高のサポートを受けられるようにしましょう。

転職を考えているエンジニアおすすめ記事